So-net無料ブログ作成

秋元康が「握手会ノコギリ事件」について初めて口を開いた!







5/25に行われてたAKBの握手会で

メンバーに刃物を切りつけて男が逮捕された

事件で総合プロデューサーの秋元康(56)

初めて現状を話しました。

話によると

被害にあった

川栄李奈、入山杏奈はもちろんのこと

岩手から東京に戻ったメンバーたちには

臨床心理士やカウンセラーが付きっきりで

サポートしていたことを明かしました。


やはり、
20歳にも満たない少女が受けた
心の傷は相当深いように思えます。

秋元氏は事件直後、
総監督の高橋みなみに連絡を入れたそうですが、
号泣して話にならなかったそうです。

その責任と大島優子が卒業したことが重なって
高橋は激やせしてしまったなどの
報道も出ています。

ファンの間では秋元氏がコメントを
なかなか出さないことに不安をいだき、

「プロデューサーとして、真っ先にコメントするべき」
「こんな事件が起きても、下っ端任せかよ」
「“AKB商法”を叩かれたくないから、意図的にこの話題を避けてるんじゃないの?」

などの声が出ていましたが、
やっとでたコメントに安心が生まれたと
芸能関係者は言っていました。


私もそろそろ

握手券付きのCDは

終わりを迎えているのではないかと

思いますね。

確かにCDが売れない現代に売り込む方法としては

効果的ですが、

これで売上が何回連続ミリオン達成とかは

よろしくないかと。

今後、握手会の再開のメドはたっていないようですが、

どうなるか注目ですね。






参照
http://news.livedoor.com/article/detail/8993397/
H26.6.30















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク