So-net無料ブログ作成

星野仙一が病気を発症!長期離脱で監督代行は佐藤義則!













楽天ゴールデンイーグルスは

26日のヤクルト戦に体調不良のため休養していた

星野仙一監督について

「腰椎椎間板ヘルニア」

「胸椎黄色靭帯骨化症」

だと発表しました。

心配ですね。

今後は長期離脱することを視野に入れながら

回復を待つというそうです。

復帰はいつできるのかは未定で

28日の交流戦からは佐藤義則コーチ

代理で監督を務めるそうです。

佐藤コーチといえば

ヨシノリボールで有名ですね。

ピッチャー出身というのは星野監督と同じですから

采配がどうなるか気になりますね。

また、星野監督が患った

「胸椎黄色靭帯骨化症」

というのはどんな病気なのか。

専門家によると

脊髄の背側にある個々の胸椎を縦につないでいる

黄色靱帯が通常の何倍もの厚さになり、

骨のように硬くなって徐々に脊髄を圧迫してくる病気で、

厚生労働省が難病リストにも入っているようです。

靭帯が固まっていく病気とか。。。。。

恐いですね。

星野監督は去年もこの病気と戦っていたと思います。

しかし、球団創設9年目にして初の日本一に輝き、








また、星野監督自身も監督生活で初の日本一がかかっているところで

離脱するなんて考えることも出来なかったでしょう。

今は体調を整えてまた、元気な姿で球場に戻ってきてほしいです。






参照
http://news.livedoor.com/article/detail/8874384/
H.26.527








スポンサーリンク