So-net無料ブログ作成

岡村隆史がワールドカップの日本人サポーターに苦言!「負けてハイタッチって、意味わからへん」







Wカップ、ブラジル大会が開催しましたが、

我が日本代表が激闘を繰り広げています。

そんななかでWカップに便乗して応援する

いわゆる、「にわかファン」というのでしょうか。

そのような人にたいして厳しい視線を送っている人物がいます。

それは



ナインティナインの岡村隆史です。


岡村は学生時代、サッカー部に所属しており、

その時の後輩だった相方の矢部と出会いました。

そんな岡村ですが、

正確には「にわか」ファンに注目しているワケではなく、

渋谷駅前スクランブル交差点の行動について

苦言を述べています。

初戦のコートジボワール戦に破れた直後、

交差点をサポーターが楽しそうにハイタッチしていく姿が見受けられました。

そのに対して

自身のラジオ番組

『ナインティナインのオールナイトニッポン』


「あそこで騒いでるの、本当のサポーターじゃない。アホやで。
意味わからへん、恥ずかしい」


続けて、「別に、応援すんな、とかじゃないけど、負けてハイタッチって、
意味わからへん。謎の行動ですよ」

批判とともに怒りをあらわにしました。

確かに負けたのに喜んでいるのは

ちょっとおかしいとおもいます。

しかし、
「応援お疲れ様!次頑張ろうぜ!」

的な解釈なら許せますね(笑)


また、自身がW杯便乗タレントと思われたくないと

W杯関連の番組を全て断ったそうです。

なんという徹底ぶり。

「せっかく(W杯会場では)日本のサポーターが掃除してるって美談になっているのに、
プラマイゼロ、なんならマイナス

詠嘆しました。





参照
http://news.livedoor.com/article/detail/8957045/
H26.6.20






















スポンサーリンク