So-net無料ブログ作成

安西ひろこ、現在は自宅療養中?パニック障害、激やせ、歩けない。







タレント、モデルの

安西ひろこ(35)

久しぶりにTVに出演しました。

日本テレビで

お笑いコンビのナインティナインが司会を務める

「解決!ナイナイアンサー」

で長年に渡って背負ってきたパニック障害について

重い口を開きました。

安西は2001年から7年ほど芸能活動の休止を宣言しており

2008年に復帰したものの

自分の思ったように動けないことが時折あり、

そこからまた、休止をしていました。

やっぱりパニック障害というのは

一度なってしまうと完治が難しいようです。

ちなみに私も一時期うつ病のような症状に陥って

治ったと思ったら、

ひょんなことから再発してしまうことがありました。

現在はいい治療法があり、

元気になりました。


話がそれました(笑)

番組内で安西は

「今は薬を飲むのをやめて、体調は万全」

「これから私、復帰します」

と体調のよさと前向きな芸能活動再開を発表しました。

ちょっと不安ですか、無理せずにやってほしいです。

彼女はパニック障害に陥いっていた09年には

拒食症も発生し、体重が37kgまで落ちたことも話しました。

まさにドン底から戻ってきたって感じですね。

療養中は歩くこともままならないほど

平衡感覚がなくなり

這って移動していたと

明かしました。

もちろん、トイレも行けず

垂れ流しになってしまったこともあったそうです。

そんな中でサポートをしてくれたのは

安西の母親でした。

働きながら、懸命に安西の世話も行う日々だったそうです。

親に感謝して徐々に仕事をやって欲しいですね。














参照
http://www.designlearn.co.jp/geinou/wp-content/uploads/2014/01/jpeg34.jpg
H26.7.1












歌手の桐嶋ノドカがテレ東の連ドラ主題歌に抜擢!「CDデビューも決まってない・・・」







テレ東が異例の対応をはかりました!

7/11に放送を開始する

連続ドラマ「ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~」

無名の新人アーティストを主題歌に起用することが分かりました。

今作品は

俳優の寺脇康文(52)が主演で

監察医を務め、

「生きている人間を相手するよりも、死体の方が楽」

と少々変わり者な役どころだが、

独特の着眼点を持ち、

事件の解決のキーマンになっていきます。

その他の出演として

寺脇とコンビとなる相武紗季(28)

監察医務院の院長を伊東四朗(76)
「ルーズヴェルトゲーム」にも出演したマキタスポーツ(44)

が出演します。










そして今回のテーマである

無名の新人アーティストが主題歌を歌うことなんですが

その彼女の名は

桐嶋ノドカ



今年の4月にプロになった23歳のシンガーソングライター

3月までは音大に在籍しており、

卒業とともに本格的な音楽活動を開始したそうです。


もちろん、

テレビ出演が1回もなければ、音楽誌への掲載も、
インタビューを受けた経験も、
さらには自主制作のCDを作ったこともないそうです。


そんな彼女をテレ東はなぜ採用したのか?


デモ音源を聴いて起用を決めた番組関係者は

「柔らかくパワフルで澄みきった声に衝撃を受けた」
と説明しました。

何か底知れない感じるものがあったのではないかと思います。

今回、桐嶋を手掛けるのは、

Mr・Childrenのプロデューサーで知られる小林武史さん。

曲名は

「Wahの歌」










桐島はこの曲について


社会の中で肩書にとらわれず、
ありのままの自分自身に誇りを持って生きていきたいという思いがあるそうです。

また、

普段言えない心の叫びをメッセージにして歌っているそうです。









参照
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/06/01/kiji/K20140601008279320.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000000-spnannex-ent
H26.7.1












高松知美が太田プロ退社!大食いタレントから専業主婦へ!








昨年に結婚を発表した、

タレントの高松知美(36)
が所属芸能事務所の太田プロダクションを退社することが

6/30の自身の運営するブログで分かりました。

記事によると

「昨年2013年10月1日に入籍をしましたがまだだったものを先日実現!!!」

という入りから

「☆2014年6月28日☆二人の思い出の場所
牧場で“最幸の結婚式”を挙げることができました」

と幸せを強調して

今回の本題である

「本日2014年6月30日をもって“太田プロ 高松知美”を卒業します!」

と語り、

「と言うのも…ただ今ワタクシ妊娠9ヶ月なのです」

7月から産休に入るタイミングでお母さん業に転職することにしました♪」

と妊娠発表と事実上の芸能活動引退を表明しました。

何よりも幸せなオーラが伝わってきますね!

妊娠9ヶ月ということはかなりお腹も膨らんでいる状態ですね。

子供のためにもいいお母さんになって欲しいです。

ちなみに高松の夫は長野県在住のTV会社のディレクターだそうです。

高松知美の名が世間に出るようになったのは

特技の大食いを活かして

『いきなり!黄金伝説』に出演したことが印象的です。

高松自身は

山咲トオルさんとお仕事をしたことがご縁で、
太田プロに入り、これまで多くの貴重な経験をさせていただきました」

山咲さん懐かしいですね(笑)
今、何されているですかね?

とにかく、これからの子育て頑張ってください!



 







参照
http://news.livedoor.com/article/detail/8994270/
H26.7.1












秋元康が「握手会ノコギリ事件」について初めて口を開いた!







5/25に行われてたAKBの握手会で

メンバーに刃物を切りつけて男が逮捕された

事件で総合プロデューサーの秋元康(56)

初めて現状を話しました。

話によると

被害にあった

川栄李奈、入山杏奈はもちろんのこと

岩手から東京に戻ったメンバーたちには

臨床心理士やカウンセラーが付きっきりで

サポートしていたことを明かしました。


やはり、
20歳にも満たない少女が受けた
心の傷は相当深いように思えます。

秋元氏は事件直後、
総監督の高橋みなみに連絡を入れたそうですが、
号泣して話にならなかったそうです。

その責任と大島優子が卒業したことが重なって
高橋は激やせしてしまったなどの
報道も出ています。

ファンの間では秋元氏がコメントを
なかなか出さないことに不安をいだき、

「プロデューサーとして、真っ先にコメントするべき」
「こんな事件が起きても、下っ端任せかよ」
「“AKB商法”を叩かれたくないから、意図的にこの話題を避けてるんじゃないの?」

などの声が出ていましたが、
やっとでたコメントに安心が生まれたと
芸能関係者は言っていました。


私もそろそろ

握手券付きのCDは

終わりを迎えているのではないかと

思いますね。

確かにCDが売れない現代に売り込む方法としては

効果的ですが、

これで売上が何回連続ミリオン達成とかは

よろしくないかと。

今後、握手会の再開のメドはたっていないようですが、

どうなるか注目ですね。






参照
http://news.livedoor.com/article/detail/8993397/
H26.6.30















スポンサーリンク