So-net無料ブログ作成
検索選択

紅白への初出場が期待されるMayJ






今日の日本の音楽業界において

MayJほど注目を集め、

度重なるテレビ出演を果たした

ミュージシャンは他にいないでしょう。

彼女はディズニーのアニメーション映画

「アナと雪の女王」

にて主題歌を「ありのままで」

という日本語訳の歌詞で歌い大きな反響を呼びました。

映画はアカデミー賞における

長編アニメーション部門の受賞を始め、

全世界で大ヒット。

その人気は日本にも波及し「アナ雪」として

公開128日間で歴代3位となる

興行収入を記録しているほど。

そしてこの主題歌もまた世界中で大ヒットしており、

日本では日本語吹き替え版の挿入歌部分で

歌唱を披露した松たか子バージョンと、

シングルカットバージョンとして

本編のエンドクレジットで流れるMayJバージョン

共にそれぞれの魅力で人気を博して、

幼い子供達から大人まで多くのファンを魅了しています。

このように社会現象と言われるまでに大ヒットした映画、

そして主題歌ですので、

もちろん紅白出場を占う下馬評でも

MayJや松たか子は真っ先に名前が挙がる存在となりました。

すでに松たか子は司会や歌手としても

紅白出場経験を持っていますが、

一方のMayJの出場が決まれば、

彼女にとって初紅白ということになります。

その意味でも映画ファン、音楽ファンにとって

今後の展開から目が離せない状態が続いているのです。




参照
http://www.news-postseven.com/archives/20141012_281630.html
H26.10.13












アイスバケツチャレンジを拒否する芸能人について!!






アイスバケツチャレンジとは、

アメリカを中心に世界で

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の啓発活動として

世界中で大ブームになっています。

アイスバケツチャレンジは氷水の入ったバケツを頭から浴びることで、

難病のALSの認知度をあげて

患者と支援団体に寄付をするというチャリティーイベントになります。

ALSとは

体の感覚や知能・視力・聴力・内臓の機能は健康のまま

手足・喉・舌などの体中の筋肉が

徐々に痩せていく病気になり、

発症原因が不明の難病になります。

ALSは、病状の進行が早いという特徴があります。

アイスバケツチャレンジのルールが

氷水をかぶるか寄付するかを選択するというもので、

寄付の金額は100ドルになり、

氷水をかぶって寄付をするパターンもあります。

参加した人は次の3名を指名していき

連鎖が続いていくというシステムになっています。

このアイスバケツチャレンジを拒否する有名人や芸能人が多いです。

拒否の理由は
「他にも難病といわれている病気がたくさんあるから」



「指名で寄付をするものではなく、チャリティーは自発的におこなうもの」

などといった意見もあります。

アイスバケツチャレンジは最近ではエスカレートしてきていて、

事故などもおこっているので批判する人も多いです。

ビートたけしさん

「オイラは熱湯の熱い風呂に入って、お金を取る方だから。趣旨が違う」

という発言で話題になりましたね(笑)


参照
http://matome.naver.jp/odai/2140886920133566301
H26.10.12












武井咲の性格は?






武井咲は、

今や日本を代表する女優のひとりとして

あらゆる立場の人々からも支持されており、

今後の成長についても大きな期待が寄せられています。


彼女は、

ここ数年で映画への出演が増えてきていることもあり、

映画鑑賞を趣味としている人はもちろんのこと、

演技力について関心の高い人々に

とっては注目の存在として捉えられています。

インターネット上では、

武井咲の性格について様々な情報が流れており、

多くのファンにとっても

非常に重要なテーマとして位置付けられています。

現在のところ、武井咲の悪い評判はほとんどなく

演技に向かう姿勢やファンを大切にする

性格などが大々的に報じられています。

武井咲の趣味や過去の交友関係などについても、

ファンの間で話題に上ることが増えていますが、

オフィシャルサイトなどでも

彼女のプライベートな生活などを

垣間見ることができるようになっています。

インターネットユーザーの間では、

武井咲の性格はもちろんのこと、

活躍の場が広がっていることについても注目が集まっており、

いろいろな意見の交換がおこなわれています。

これからも、

武井咲の魅力について強い興味を示す人々が

日本中に増えることは確実とみられています。






参照
http://matome.naver.jp/odai/2135491512823023101
H26.10.12












スポンサーリンク